【自律神経の乱れが引き起こす病気や症状について】

「もしかして自律神経が乱れてるのかな?」

「自律神経失調症の症状に当てはまるけど大丈夫かな?」

と気になっている方も多かったのではないでしょうか。

 

そこで今回は「そもそも自律神経ってなに?」「どんな働きをしているの?」「自律神経が乱れるとどうなるの?」

そんな疑問にお答えしていきたいと思います!

そもそも自律神経ってなに?

そもそも自律神経とは?

自律神経とは、自分の意志とは無関係に、内臓や血管・その他の機能を24時間休まずにコントロールしている神経です。

自律神経は、外部刺激や体内の反応・反射により自動的に働き、呼吸」「血液循環」「体温調節」「消化・排泄」「免疫」などを様々な機能を調節しています。

これらは、自分の意志とは無関係に働き、人間の生命維持には決して欠かせない大切な働きを担っています。

さらに自律神経は、一般的に活動時や昼間に活発に働く「交感神経」安静時や夜間に優位に働く「副交感神経」とに分かれます。

自律神経の主な働き

交感神経 器 官 副交感神経
散大(瞳孔が開く) 瞳孔 縮小
涙の分泌↓(目が乾く) 涙腺 涙が増える
分泌↓(口が乾く) 唾液腺 分泌↑
消化が抑制 胃腸の働き 消化を促進
動きが↓、便秘がち 胃腸の運動 動き↑、軟便
心拍数↑、ドキドキする 心臓 心拍数↓
収縮、血圧↑ 血管 拡張、血圧↓
汗を沢山かく 汗腺 なし
拡張、呼吸が大きくなる 気管 収縮、呼吸が浅くなる
弛緩(尿を溜める) 膀胱 収縮(尿を出す)

このように「交感神経」と「副交感神経」はそれぞれの器官に作用し、生命維持に必要な機能をバランスよく調整しています。

 

では、この自律神経が乱れると、どのような症状が現れるのでしょうか。

自律神経の乱れによって現れる症状

・ 慢性的な疲労、だるさ

・ めまい、耳鳴り、ふらつき

・ 頭痛、頭が重い、片頭痛

・ 吐き気

・ 便秘、下痢、軟便

・ 不眠症、睡眠障害、昼間に眠たくなる

・ 動悸、息切れ

・ 眼精疲労、顔面痙攣、目がピクピクする、顔面神経麻痺

・ 手足のしびれ

・ 口やのどの渇き、のどの不快感、のどが詰まった感じ

・ 肩こり、首コリ、腰痛

・ 食欲低下、胃腸の不調

など

 

様々な症状が引き起こされます。

 

もし、このような症状でお悩みでしたら「自律神経の乱れ」が原因かもしれません。

 

「もしかして自律神経がみだれてるかも?」

と気になった方は、お気軽にご相談ください。

自律神経失調症について詳しくはこちら

自律神経失調症

この記事に関する関連記事